よく噛むことは健康や美容に効果あり!よく噛むことのメリットとは?


よく噛むことは、意外な効果やメリットがあります。
食事のとき、物をよく噛んで食べることで、どんな効果やメリットがあるか知りたい人は、この記事を読むと理解を深めることができるでしょう。

  1. よく噛むことの効果やメリットはこんなにある!
  2. 噛む回数が少ないとどんなリスクがあるかを解説!
  3. よく噛むための工夫やアイデアを紹介!
  4. まとめ

それでは、よく噛むことの効果やメリットを具体的に見ていきます。

1. よく噛むことの効果やメリットはこんなにある!

よく噛むこと効果やメリットは、たくさんあります。
では、具体的にどのような効果やメリットがあるのかを確認しましょう。

1-1.消化吸収が良くなって栄養が体に行き渡る

よく噛むと、食べ物を細かく砕(くだ)くことができて胃腸での消化吸収がスムーズになります。
消化吸収がスムーズになることで、食べ物の栄養素が体内に効率良く行き渡ることができるでしょう。
よく噛むことで、食べ物の栄養素が持っている本来の役割を引き出すことができます。

1-2.満腹感が出ることによるダイエット効果がある

よく噛むことは、ゆっくりと食事をすることになるので満腹感を得やすくなります。
よく噛むことでダイエット効果が出やすい、と言われるのはさまざま理由があることを覚えておきましょう。
まず、食事時間が長くなるので血糖値の上昇が緩やかになる点がメリットです。
また、満腹感を得るまでに食べ過ぎるということがありません。
それに、しっかり噛むと顔の筋肉が疲れるので食べる量を抑えることもできます。
太っている人はよく噛まないで早食いをする傾向があるのも、理解できるでしょう。

1-3.虫歯や歯周病の予防になる

よく噛むことは、虫歯や歯周病の予防になるでしょう
理由は、唾(だ)液をたくさん出す作用があるからです。
唾(だ)液には、食べ物を消化する助けをするほかにも、口の中の虫歯菌や歯周病菌を殺す効果があります。
また、よく噛むことで、歯垢(しこう)が歯に付きにくくなるでしょう。
虫歯や歯周病を予防するためにも、よく噛むことは効果的なのです。

1-4.脳の働きが活発になる

よく噛むことは、脳の働きを活発にします。
実際に、よく噛むことで脳の血流が増加して、記憶力や判断力が向上した例も。
大切なテストや仕事のプレゼンの前には、きちんと栄養バランスの取れた食事をよく噛みながら取ると良いでしょう。
よく噛むことで、ライバルに差を付けたり、仕事で成果を上げやすくなったりしますよ。

1-5.育毛にも効果がある

実は、よく噛むことは育毛にも効果があります。
髪の量に悩んでいる人は、ぜひともよく噛んで食事をしましょう。
よく噛むと、顔や頭部の血行が促進されるので頭髪に栄養が行き渡りやすいのです。
頭髪は、頭皮からの栄養によって成長しますから、毛髪のためにもよく噛んで頭皮の血行を良くすることが効果的であることを覚えておいてください。

2.噛む回数が少ないとどんなリスクがあるかを解説!

よく噛むことで、さまざまな効果やメリットがあることがわかりました。
では、反対に噛む回数が少ないとどんなリスクがあるかを知っておきましょう。

2-1.消化不良の原因になる

物をよく噛まずに飲み込むと、胃腸で上手(じょうず)に消化吸収ができません。
食べ物の栄養を吸収できないほか、胃腸に大変な負担となります。
胸やけや胃もたれを感じたり、消化吸収を妨(さまた)げたりすることで、便秘の原因にも。
胃腸の健康を守るためにも、よく噛むことは大切です。

2-2.太りやすくなる

よく噛まないと、太りやすくなります。
たとえば、よく噛まないと脳が満腹だと認識するまでに、必要以上の食べ物を食べてカロリーオーバーになってしまうでしょう。
また、よく噛まないことは早食いを促すため、血液中の血糖値が急激に上昇することにもなります。
ダイエットをして痩せたいと思う人には、よく噛まないことはリスクが高いでしょう。

2-3.虫歯や歯周病になりやすい

よく噛まないと、唾(だ)液が十分に出なくなります。
すると、口の中の虫歯菌や歯周病菌を殺すことができません。
そのために、虫歯や歯周病になったり症状が進行したりします。
よく噛まないことは、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうので気を付けましょう。
とにかく食べるときにはよく噛むことで、唾(だ)液をしっかり出すことが大切です。

2-4.実際の年よりも老けて見える

よく噛まないと、顔の筋肉が緩んでしわやたるみの原因になります。
また、頭皮の血行が悪くなって、抜け毛の原因にもなるでしょう。
つまり、よく噛まないことで、実際の年よりも老けて見えることに。
いつまでも美しく、若々しくありたいのなら、よく噛まないことのリスクを理解してください。

3.よく噛むための工夫やアイデアを紹介!

よく噛むことは、習慣になるまで意識的に行わなければいけません。
ここでは、よく噛むための工夫やアイデアを紹介します。

3-1.食事をするときは時間に余裕を持つ

食事の時間に余裕があると、よく噛んで食べても焦らずに済みます。
よく噛まないで食事をする人は、そもそもの食事時間を十分に取っていません。
せめて、30分間は食事に専念できる時間を取ってください。
仕事中などの休み時間が短い人はなかなか難しいでしょうが、食事は時間をかけて取ることを心がけましょう。

3-2.噛んでいるときは箸(はし)を置く

噛んでいるときは、箸(はし)を置くのも効果的でしょう。
箸(はし)を持ったままだと、すぐに次の食べ物を口に入れてしまいがち。
いつも食べ物が口の中にある状況では、よく噛まないままに飲み込んでしまいます。
面倒でも、噛んでいるときは箸(はし)を置くように意識しましょう。

3-3.柔らかい物ばかり食べない

柔らかい物は、あまり噛まなくても飲み込むことができます。
よく噛む習慣を付けるには、歯ごたえのある物も食べるようにしましょう。
歯ごたえがある物は、さすがに噛まないで飲み込むことは困難です。
おやつも、ケーキやおまんじゅうばかりではなく、たまにはおせんべいなどの硬い物も選んでください。

3-4.食後にガムを噛むようにする

どうしても時間がなくて、あまり噛まずに食事を終えざるを得ない場合もあるでしょう。
その場合は、食後にガムを噛むようにしてください。
ガムを噛むことで、唾(だ)液もしっかり出て、虫歯予防ができるメリットもありますよ。

4.まとめ

よく噛むことによって、どんな効果やメリットがあるか、理解することができたでしょうか。
それでは、今回のまとめをご覧ください。

  • よく噛むことの効果やメリットを学ぶ
  • 噛む回数が少ないことのデメリットを認識する
  • よく噛むための工夫やアイデアを知って実行

今からすぐに実行して、よく噛むことのメリットや効果を実感してください。