歯の黒ずみはなぜ起こるのか? 原因別の除去方法と予防のポイント


歯の黒ずみにお悩みではありませんか? 「毎日歯みがきをしても白くならない」「不潔なイメージがある」などと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。黒ずみの原因は何なのか、どうすれば白い歯を取り戻すことができるのか、知りたいはずです。この記事では、黒ずみの原因や対処法をまとめてご紹介します。

  1. 歯の黒ずみ、原因について
  2. 歯の黒ずみ、除去方法
  3. ホワイトニングについて
  4. 歯の黒ずみに関するよくある質問

この記事を読むことで、歯の黒ずみに関する悩みを解決できるはずです。

1.歯の黒ずみ、原因について

まずは、黒ずみの原因について解説します。

1-1.歯の黒ずみについて

口腔(こうくう)内の構造上、歯みがきがしにくい部分・前歯・銀歯の近く・詰めものをしている歯は黒ずみやすいため、注意が必要です。もちろん、原因によってもつきやすい箇所は変わってきます。特に黒ずんでいる部分はどこかをチェックし、原因を考えてみましょう。

1-2.考えられる原因

歯が黒ずむ原因には以下のようなものがあります。

  • 虫歯
  • ヤニ汚れ
  • 着色汚れ
  • 神経が死んでいる
  • 黒い歯石
  • 銀歯
  • 薬の影響

1-3.子どもの場合

子どもの場合、黒ずみの原因として多いのが虫歯です。そのほかにも、外傷などが原因で歯の神経が死んでしまったことなども、黒ずみの原因になります。軽い着色汚れであれば、歯みがきで改善する場合もあるでしょう。

2.歯の黒ずみ、除去方法

黒ずみを落とすにはどうしたらよいのでしょうか。

2-1.原因別対処法

原因別に対処法をご紹介します。

2-1-1.虫歯

虫歯による黒ずみは、治療せず放置しておくとどんどん広がってくるため、早めに治療を開始してください。黒ずみを発見したころには、すでに痛みも出てきているはずです。

2-1-2.着色やヤニ汚れ

特に着色しやすいのは、コーヒーや紅茶などです。好んで飲むことが多い人、タバコを吸う習慣がある人は、しっかりと歯みがきをすることで予防が可能でしょう。最近は着色汚れやヤニ汚れを落とす歯みがき粉も市販されているため、試してみるのもおすすめです。歯みがきで改善されない場合は、歯医者でクリーニングしてもらいましょう。

2-1-3.神経が死んでいる

歯の神経が死ぬと、象牙質に着色が起こりやすくなります。改善するためには、神経を抜く治療が必要です。

2-1-4.黒い歯石の付着

歯石は白いものが多いのですが、歯茎の中に隠れている歯石は黒い色をしています。歯医者で歯石を取り除きましょう。歯周病が進行している場合は、まず治療してください。

2-1-5.銀歯からの金属イオン

銀歯から金属イオンが漏れ出すと歯が黒ずんでしまいます。セラミックの詰めものに換えることできれいに仕上がるためおすすめです。ただし、セラミック治療は保険診療で対応していない歯医者もあるため、事前に確認してください。

2-1-6.薬の影響

特に子どもや妊娠中の女性は、薬の影響で歯が黒ずみやすいと言われています。この場合、歯みがきでは改善できないため、歯医者で相談するなどしてみましょう。

2-2.セラミック修復について

歯みがきやクリーニングで改善できない黒ずみに対して、黒ずみの部分を削り、セラミックで作った義歯をかぶせる方法もあります。歯の色合いや形なども選ぶことができるため、自然な仕上がりになるでしょう。また、耐久性にもすぐれているため、長持ちするという点もメリットです。

2-3.受診すべきタイミングとは?

黒ずみとともに歯の痛みや歯茎の腫れがある場合は、すぐに受診しましょう。また、歯に穴が開いている・すき間があるなどの症状がある時も、早めの治療が必要になります。そのほかにも、黒ずみが広がってくるようであれば、放っておかないほうがよいでしょう。

2-4.歯医者選びのポイント

信頼できる歯医者を選ぶために、以下のポイントを参考にしてください。

  • 黒ずみ治療の実績が豊富である
  • 治療方針をしっかりと説明してくれる
  • 技術力が高く、患者からの評判がよい
  • 院内が清潔に保たれている
  • 料金システムが分かりやすい

2-5.注意点

歯医者で治療を行っても、その後のケアを怠れば、再び黒ずみが起こってしまいます。歯みがきの徹底など家庭でのケアとともに、定期的に歯医者に通って予防に努めましょう。

3.ホワイトニングについて

歯のホワイトニングについてご紹介しましょう。

3-1.自分でできるホワイトニングとは?

軽い黒ずみであれば、市販のホワイトニング用歯みがき粉を使って対処できる場合もあります。ホワイトニング成分が含まれている歯みがき粉には、さまざまな種類のものがあるため、慎重に選びましょう。ポイントは、できるだけ研磨剤の粒が細かいものを選ぶことです。粒が大きいものを使うと歯の表面を傷つけてしまうこともあるため、注意が必要になります。

3-2.病院でのホワイトニング

歯を白くする主な治療法として、歯医者で行われるのがホワイトニングです。歯医者で行われるものは「オフィスホワイトニング」と呼ばれ、薬剤を歯に塗布して専用の機械で光を当てる方法になります。ただし、効果を保つ期間が短いため、数回通院する必要があるでしょう。歯医者でオーダーメイドのマウスピースを作り、自宅で好きな時にホワイトニングができる「ホームホワイトニング」もあります。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行う「デュアルホワイトニング」を選択する人も多くなっていますが、費用が高いという点がデメリットでしょう。

3-3.黒ずみを予防しよう!

普段からできるだけ歯を白く保(たも)てるように、注意して過ごすことが大切です。予防方法としては、以下のようなものがあります。

  • 虫歯はすぐに治療する
  • 毎日の丁寧な歯みがきを心がける
  • 定期的に歯医者に通い、予防に努める
  • 食後にキシリトールガムを噛(か)む

特に注意が必要なのは、コーヒーや赤ワインなどタンニンが多く含まれているものや、ブドウやシソの葉などアントシアニンが多い食べものを口にした時です。放っておくと歯に着色して落ちにくくなってしまうため、食後はできるだけすぐにうがいをするようにしましょう。歯みがきは食後すぐではなく、30分ほど経過してから行うことがおすすめされています。

3-4.注意点

ホワイトニングをすればすべての黒ずみが白くなるわけではありません。まずは、根本的な原因を知ることが大切です。自己判断をせずに、歯医者に相談することをおすすめします。

4.歯の黒ずみに関するよくある質問

「歯の黒ずみについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

4-1.歯石とは何のことですか?

A.みがき残しの歯垢(しこう)が唾液と混ざり合うことで形成されるもののことです。唾液の成分にはミネラル成分が含まれており、プラークと混ざり合うと強固な歯石となります。

4-2.なぜタバコを吸うと歯が黒くなるのですか?

A.タバコの煙に含まれているタールが着色の原因です。タールを含む煙が口の中を通る時、歯の裏に当たってしまい、歯が黒くなります。

4-3.歯が黒ずむ病気もありますか?

A.考えられるものは歯周病です。放置すると菌が血液内に入り込み、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすこともあるため、必ず治療してください。

4-4.ホワイトニングの効果はどのくらい持ちますか?

A.生活習慣などによって個人差はありますが、オフィスホワイトニングの場合は3か月~半年程度は持つと言われています。

4-5.着色しにくい歯にするためにはどうしたらよいですか?

A.唾液には歯の汚れを落とす作用があります。鼻呼吸を心がける、よく噛(か)んで食べるなど、口の中が乾燥しないようにするとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 歯の黒ずみがなぜ起こるのか、原因や除去方法、予防する方法などをまとめてご紹介しました。歯の黒ずみに悩んでいる人は多いと思います。歯はその人の印象を左右する大切な部分でもあるため、黒ずみを解消するためにはどうするべきなのか考えてみてください。