虫歯の4大原因とは? 原因を知って正しい予防法を実践しよう!


虫歯は進行するほど痛みが増し、最悪な状態になると抜歯せざるを得なくなる病気です。酸によって歯が溶かされてしまうため、自分の歯を失うことになってしまいます。せっかく虫歯を治療しても、口の中の環境が悪ければ再び虫歯になってしまうでしょう。虫歯から自分の歯を守るためには、原因をきちんと把握しておかなければなりません。虫歯の原因を突き止めることができれば、適切な治療と予防を行うことができるでしょう。そこで、本記事では、虫歯の原因と予防について解説します。

  1. 虫歯の基礎知識
  2. 虫歯の原因について
  3. 虫歯の原因別予防法について
  4. 虫歯に関してよくある質問

この記事を読むことで、虫歯の原因が分かり、正しい予防を行うことができます。悩んでいる方や原因について知りたい方は、ぜひチェックしてください。

1.虫歯の基礎知識

原因について知る前に、まずは、虫歯の基礎知識を身につけておかなければなりません。虫歯とはどのような病気か、主な症状・病状経過などについてチェックしていきましょう。

1-1.虫歯とは

簡単に説明すると、虫歯は歯が溶ける病気のことです。口の中には、よい菌と悪い菌を含めた細菌が住みついています。虫歯の原因については後ほど詳しく【2.虫歯の原因について】で説明しますが、主な原因は「ミュータンス菌」といわれているのです。ミュータンス菌が生み出す酸によって、歯が溶かされていきます。最初は、歯の表面を溶かしますが、病状の進行と共に、歯の内側の神経部分にまで達するでしょう。神経にまで達してしまうと、激痛を伴うことになります。早急の処置が必要です。

1-2.主な症状

虫歯になると、以下のような症状が出てきます。ぜひ、現在自分の身に起きている症状と比べてみてください。

  • 食べものが詰まりやすい
  • デンタルフロスを使ったときに引っかかりを感じる
  • 硬いものを噛むと歯が痛む
  • 冷たいものを飲むとしみる
  • 日常的に歯の痛みを感じる

中でも、歯に痛みを感じたときは、神経部分が菌に侵されている可能性があります。神経が死んでしまうと歯の形が大きく崩れてしまうおそれがあるため、できるだけ早めに歯科を受診したほうがよいでしょう。

1-3.病状経過について

虫歯は、進行状況によってC1〜C4の4段階に分けることができます。それぞれ特徴があるので、きちんとチェックしておきましょう。主な特徴を以下にピックアップしてみました。

  • C1:歯の表面(エナメル質)が酸に溶かされ、穴が開いてしまった状態。歯の表面が茶色・黒色っぽくなり、甘いものや冷たいものを口にしたときにしみることがある
  • C2:エナメル質の下層にある象牙質にまで菌が到達した状態。冷たいもの・熱いものを食べるとしみることが多くなり、歯の表面に黒い穴が開いている様子もハッキリと分かる
  • C3:象牙質を超えて歯の神経にまで菌が達している状態。歯に大きな穴が開いて、黒く変色する。しみる・ズキズキと痛む・歯茎(はぐき)が腫れるなどの自覚症状が出る
  • C4:歯の根っこ部分まで菌に侵されている状態。神経が懐死しているので痛みは感じないが、歯の根に膿(うみ)がたまると激しい痛みを伴う

1-4.なりやすい人、患者数

虫歯に悩まされている人の数はハッキリとしていませんが、厚生労働省が平成11年に行った調査によると、「歯および歯の支持組織の疾患」の総患者数は約474万人でした。虫歯になりやすい人の主な特徴を以下にピックアップしてみたので、ぜひ参考にしてください。

  • 口の中の虫歯菌が多い(口内環境が悪い)
  • 唾液の量が少ない
  • きちんと歯磨きをしていない
  • 歯並びやかみ合わせのバランスが悪い
  • 頻繁に間食をする
  • 油もの・甘いものを食べることが多い

2.虫歯の原因について

それでは、虫歯のメカニズムと原因を解説します。自分に当てはまる原因があるかどうか、ぜひチェックしてくださいね。

2-1.虫歯になるメカニズム

歯の表面のエナメル質が溶けるのは、プラーク(歯垢など)→ミュータンス菌→糖分→酸という流れが原因だといわれています。ほとんどの虫歯は、この4大原因によって起きているのです。それぞれどのような影響をおよぼすのか、詳しく説明します。

2-2.虫歯の直接の原因「プラーク」

プラークは歯垢(しこう)のことで、細菌の塊を指しています。爪を歯で引っかくと白くネバネバしたものがついてくるのが歯垢です。歯垢は、口腔内の食べ残しや飲み残しなど、食物中の糖分を栄養素にして増殖します。きちんと正しい歯磨きをすれば取りのぞけますが、歯垢が硬くなり「歯石(しせき)」になると簡単に除去できません。プラーク・歯垢は、虫歯の直接の原因となる細菌なので、放置するほど口腔環境が悪化します。

2-3.プラークを住み家とする「ミュータンス菌」

多数の菌が存在している中で、虫歯の1番の原因といわれている菌がミュータンス菌です。ミュータンス菌はプラークと深いつながりがあります。食べものに含まれる糖分によってミュータンス菌が活発になり、その結果、プラークという住み家を形成するのです。プラークの形成は、ミュータンス菌が口の中に存在している証拠となります。

2-4.ミュータンス菌のエサとなる「糖分」

前述したとおり、プラークとミュータンス菌は糖分をエサにして活性化します。つまり、糖分が多く含まれている甘いものばかり食べていると、口内にいるミュータンス菌が活発になり、プラークがたくさん形成されることになるのです。よって、食生活が乱れている人ほど虫歯になりやすい口内環境になるといえるでしょう。

2-5.エナメル質を溶かす「酸」

口内の細菌が繁殖すると、ミュータンス菌がますます活発化し、歯の表面のエナメル質を溶かす「酸」を生み出します。歯はこの酸がとても苦手で、エナメル質の内部から歯の成分となるカリウム・リンが溶け出してしまうのです。これが、虫歯の原因となります。

2-6.そのほかの原因

主な虫歯の原因はプラーク・ミュータンス菌・糖分・酸の4つですが、これらの働きを悪い方向へ促してしまう原因があります。それは、口内環境の悪化です。歯磨きは虫歯菌を除去する唯一の方法となりますが、不十分だとプラークを取りのぞくことができません。その結果、口内の細菌が繁殖し、ミュータンス菌の働きが活性化します。口内環境の改善が、虫歯の治療・予防につながるのです。

3.虫歯の原因別予防法について

では、どうすれば虫歯の予防ができるのでしょうか。原因別に詳しく説明します。

3-1.プラーク

プラークは歯の表面に付着しやすく、糖分を栄養分として増殖していきます。そのため、1番の予防法は歯磨きやデンタルフロスなど自宅で行うセルフケアです。プラークは食後の3時間後から発生するといわれているため、朝・夜は必ず歯磨きをしてください。歯と歯の間に挟まっている食べカスなどは、デンタルフロスで丁寧に除去しましょう。きちんとセルフケアを行えば、ある程度のプラークを取りのぞくことができます。セルフケアで取りのぞけないものもあるため、それらは歯科の定期検診で除去してもらうことが大切です。

3-2.ミュータンス菌

ミュータンス菌もプラークと同じく糖分を栄養分として増殖します。ミュータンス菌を増やさないためには、歯磨きなどのセルフケアはもちろんのこと、口内環境の維持に力を入れることが大切です。ミュータンス菌を減らすには「フッ素」が効果的だといわれています。フッ素はミュータンス菌の働きを抑制するほかに、酸の発生を防ぐことができるのです。たとえば、フッ素入りの歯磨き粉を使ったり、歯科でフッ素を塗ってもらったりするとよいでしょう。

3-3.糖分

糖分が多く含まれているお菓子や炭酸飲料などの甘いものは、できるだけ控えてください。食生活の欧米化から、甘いもの・油ものが増えてきました。乱れた食生活を送っていると栄養が偏り、口内環境が悪くなります。虫歯ができやすい環境になるため、野菜も積極的に摂取していきましょう。また、間食や暴飲暴食もNGです。

3-4.酸

歯は酸に弱い性質をもっています。炭酸飲料など酸性のものは歯を溶かす原因になるので注意が必要です。また、酸性のものを食べる量だけでなく、口の中に長く含んでいることがよくないといわれています。よって、間食をしたり、食べた後に歯磨きをしなかったりすると、虫歯が進行する原因になるでしょう。食べた後は口をゆすぐなどして、口内が酸性にならないようにしてください。

3-5.口内環境の改善

虫歯を改善・予防するためには、口内環境を改善することが大切なポイントです。口内環境が悪化するのは、食生活や日常生活の乱れ・ストレス・体調不良・間違った口内ケアなどがあります。まずは、正しいオーラルケアの方法を知り、実践していきましょう。自分の歯磨きが正しいか分からない方は、歯科で確認してください。そして、オーラルケアの実践と同時進行で、自分自身の生活を見直します。特に、以下のポイントは要チェックです。

  • 水分をこまめに摂取する
  • 咀嚼(そしゃく)回数を増やす
  • 口呼吸を鼻呼吸に改善する
  • 栄養バランスの取れた食生活を心がける
  • きちんと睡眠を取る
  • 間食・暴飲暴食をしない
  • ストレスをためこまない

3-6.予防歯科について

自分で行う虫歯予防には限界があります。完全に虫歯を防ぐことはできないため、自分でできないところは専門の歯科に診てもらいましょう。予防歯科は、虫歯予防を目的とした治療を行います。奥歯や歯と歯の間など細かいところまでチェックして、虫歯になりそうな部分があれば早めに処置を施すことで未然に防ぐことができるのです。セルフケアと一緒に、歯科で定期検診を受けてください。

4.虫歯に関してよくある質問

虫歯に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.虫歯を放置するとどうなるのか?
A.どんどん進行し、激しい痛みを伴います。最悪なケースになると、手の施しようがなく抜歯することになるでしょう。特に、象牙質にまで虫歯菌が到達するC2は、進行スピードが速いので注意が必要です。いつの間にか歯の表面に穴が開き、黒く変色します。

Q.乳歯が虫歯になる原因とは?
A.永久歯はエナメル質が固めですが、乳歯は未完全な状態なのでエナメル質が薄く、永久歯の半分ほどの厚さしかありません。また、子どもの顎(あご)は大人よりも小さいために、歯磨きが不十分になり、虫歯へと進行するケースがあります。乳歯の虫歯を防ぐためには、子どもの成長時期に合わせた歯磨きが大切です。歯磨きのやり方は、小児歯科へ尋ねるとよいでしょう。

Q.虫歯になりにくい人の特徴とは?
A.唾液量が多い・歯並びが整っている・間食をあまりしない・毎日正しく歯磨きをしている・定期的に歯科で検診を受けているなどの特徴があります。特に、歯科で定期検診を受けている人ほど虫歯を未然に防ぐことができているのです。半年に1回は歯科で診てもらうことをおすすめします。

Q.虫歯と体調は関係があるのか?
A.関係あります。口の中は体の中と同じなので、体調が悪くなると口内環境も悪化しやすくなるのです。体調不良になりやすい方は、生活習慣を改めるところから始めてください。最初に、体調を万全にしなければ、セルフケアをしても口内環境が悪化する傾向があります。

Q.歯科の選び方が知りたい
A.まずは、予防歯科に力を入れているか、医師やスタッフの対応がよいかどうかに注目してください。丁寧に口の中を診て、きちんと説明してくれるところなら安心して任せることができます。逆に、適当な説明しかしないという歯科には要注意です。「静岡歯科」では、予防歯科だけでなく、小児歯科・歯周病科など幅広い診療科があります。丁寧な説明を心がけていますので、ぜひ1度ご相談ください。

まとめ

いかがでしたか? 虫歯の主な原因は、プラーク・ミュータンス菌・糖分・酸の4つがあります。それぞれがどのような働きをしているのか、メカニズムをきちんと把握しておけば、適切なセルフケアと予防を行うことができるでしょう。何よりも大切なのは、虫歯について知識を身につけることです。そして、どうすれば根本的な原因を除去できるのか考えて実践してください。予防歯科では、自宅でできるケアについても教えています。虫歯予防のためにも定期的に歯科検診を受けてくださいね。